~視覚障害者用生活支援システム~

何にも触れず、ぶつかりもせずに歩けました。

長野県在住 30代男性 T様(会社員) 網膜色素変性症


白杖だけで歩いていた時は扉の枠などにぶつかって不便でしたし、壁など何にも触れずにまっすぐ歩くのは不可能でした。
街中と違い私の住んでいるところは壁や段差など白杖でたどれるものがない、音情報がほとんどないといったところが多くて、まっすぐ歩くことはもちろん、次の一歩を踏み出すことができなくなったり、また自分の向いている方を判断することもできませんでした。
それがオーデコを使うと壁など何にも触れずにまっすぐ歩くことができました。
四角形を回転させると菱形になったり水平にすると台形になったりするのを認識し、子供のころに見えていたときのことを思い出しました。
床の上の模様を見つけてそれを捉えて歩いたり、テーブルに触れずに周りを一周する、エレベーターのボタンの操作などはどれも見えていなければ不可能なことばかりでしたが、オーデコを使ってできました。道がどの方向に伸びているのかがわかり、まっすぐ歩けるのは本当に素晴らしい。
白杖だけで歩いていた時は音の出るものしか頼りにできなかったが、音は広がったり反響したりするし、一瞬で消えてしまいます。
その点オーデコは継続的な刺激で、広がったり反射したりもない。音の出ないものでも頼りに歩けます。