~視覚障害者用生活支援システム~

開発の経緯

創業者菅野米藏は1998年当初から視覚障害者の額を利用することに着目し研究を続け、2003年10月に網膜の代替手段として額を利用する手法にて特許を取得しました。また、東京大学大学院情報理工学教授舘暲博士と彼の研究室は1970年代より電気刺激による触覚センサを研究・開発し、電気刺激による触覚提示に関する数々の特許を取得しています。 2003年9月、舘研究室の梶本裕之博士(2006年9月に電気通信大学電気通信学部准教授に就任)が開発した「SmartTouch」の技術を基に菅野と東京大学舘研究室は共同研究を開始しました。そしてより効果的かつ快適な電気刺激の生成を追及しながら、電気刺激による触覚提示装置の試作品をいくつか開発し、遂に2005年9月、額触覚に電気刺激で提示する実用化モデルとして『額網膜システム:Forehead Retina System(FRS)』を開発しました。米国ではFRSを米国FDAの指導により『額感覚認識システム:Forehead Sensory Recognition System (FSRS)』と名称を変更しました。今般商品化を控え、日本の皆さんにもっと親しみを持って愛用していただこうと商品名を“額で見る”にちなみオーデコ(AuxDeco)と命名しました。