~視覚障害者用生活支援システム~

特徴

オーデコ(AuxDeco)の特徴
オーデコの特徴は、①遠くにあるものがわかる、②連続する動きがわかる、そして③平面的な情報がわかる、などがあげられます。以下は、これらの特徴が役立つ具体的な内容と、実際にオーデコを使用したモニターの皆さま(全盲者)からのお声です。

①遠くにあるものがわかる
オーデコは、距離の制限がありません。周りの環境に合わせてカメラを向けることで、素手や白杖では届かない距離のものでも、方向や形を捉えることができます。



[モニターさんの声]
■ 白杖より先に危険を予測でき、安心感が増す
■ 遠くにある物を「目印」にして、前進できる
■ 道端に停めてある自転車の存在と位置がわかる
■ 自分の立っている道の、伸びている方向がわかる
■ 方向を見失わない
■ ドア枠や柱にぶつからずに通過できる
■ 目的物に真っ直ぐ手を差し伸べることができる
■ 落し物を探し、拾える

②連続する動きがわかる
オーデコは、人や車など動いているものを、連続した刺激で捉えることができます。風や反響のために音では距離や方向を捉えにくい環境での、情報取得に役立ちます。



[モニターさんの声]
■ 前を行く人を追って歩くことができる
■ 並んでいる人や立ち止まっている人を捉えられる
■ 信号待ちなどで、人のすぐ後ろで立ち止まれる
■ エレベーターや電車の扉の開閉がわかる
■ 人の出入りの有無がわかる

③平面的な情報がわかる
白杖での伝い歩きがしにくい場所(商店街や駅構内など)、直角に交わらず渡りにくい交差点などで、障害物の有無や地面に引かれた白線、横断歩道などを捉えることができます。



[モニターさんの声]
■ 横断歩道の白線を利用して、確実に道を横断できる
■ 壁や段差など(白杖でわかるもの)がなくても歩ける
■ 細い路地でも、道端の白線を辿って真っ直ぐ歩ける

④近くにあるものがわかる
☆また、近くにあるものでも、触れないもの(危険物など)や触りたくないもの(汚れるものなど)を、素手や白杖を使わずに確認することができるのも、オーデコの大きな特徴です。

[モニターさんの声]
■ 公衆トイレで、便器の位置や形、ペーパーなどの配置を、素手で触れずに確認できる
■ 博物館などで、手で触れられない展示品でも、大きさや形を捉えて鑑賞できる